waltz-music-marshmallowのブログ

好きな音楽や本、食べ物など、興味のあるものをただひたすら記載します♪

ワルツな毎日☆SUPER BEAVERその②

せっかくなので
SUPER BEAVERの好きな曲を
今日も紹介します♪


それでも世界が目を覚ますのなら
歌手:SUPER BEAVER
発売日:2013/04/03



SUPER BEAVER『それでも世界が目を覚ますのなら』MV


この歌は
とにかくPVがかっこいい!!


Voの渋谷龍太が
海辺をあるき続け、1カットで撮られたPVなんですが、


めっちゃかっこいいんです!!


歌の世界観とマッチし、
魅入ってしまいます♪




「自分がわからないんです 嘘だ
 どうすればいいかな 嘘だ
 正しいと言ってほしいだけでしょう
 ねぇ 誰が決めんの それ」 


今やるべきことにとことん向き合うきっかけになるかもしれません♪


マシュマイ♪

ワルツな毎日☆なぜマシュマロ焼きがうまくいかないのか?

そろそろ
マシュマロについて書きたくなってきました。笑


みなさんは
マシュマロと聞くと


どうやって食べることを想像しますか??
\(^o^)/


そのまま?
焼いて?
コーヒーに浮かべて?


頭に思い浮かんだマシュマロは
どんなマシュマロでしょうか?
(*^^*)


どんなマシュマロ?といわれても、
ピンときませんよね^^;


じつは、食べ方によって
マシュマロの種類を変えるのが、
美味しいマシュマロの食べ方でもあるんです!


マシュマロの種類を
ざっくりいうと、


そのマシュマロは
日本産ですか?アメリカ産ですか?


ということです\(^o^)/


同じマシュマロなのに
何が違うの?ということなんですが、


用途の目的によって
作り方が違います!!


基本的にマシュマロの原材料は
【砂糖、コーンスターチ、ゼラチン、卵白、香料等】
なのですが、
日本産とアメリカ産の最大の差は
この原材料に【水飴を足すかいなか】なんです♪


日本のマシュマロは
基本的に家の中のおやつとして、そのまま食べることを目的に作られているので、
砂糖と一緒に水飴を原材料に使用し、
甘さと溶けやすさを実現しています♪


それに対しアメリカ産のマシュマロは
BBQで最後に焼いて食べることを目的に作られています♪


なので、水飴を入れてしまうと
全体的に溶けてしまうので、水飴は入っていないのです♪



ここ数年は、
マックスブレナーのチョコレートチャンクピザが流行って以降、
BBQでマシュマロ焼きをする方も増えていると思います(*^^*)




でも、焼いているうちに溶け出してしまって
どうにもうまくいかないという経験をした方も
実は多いのではないでしょうか??



それはなぜか??



ずばり、BBQで使っているマシュマロが
日本産のマシュマロを使用しているから!!


この可能性非常に高いです☆彡


上で記載したように、
日本のマシュマロには水飴が練り込まれているので、
熱によってすぐに溶け出してしまうんです!


そのまま食べたり、
コーヒーに入れる場合などは、
日本産のほうが口どけよく食べやすく美味しいです♪


でも、BBQなどの火に炙ることを考えたときは
水飴の入っていない
アメリカ産のマシュマロでないとうまくいきにくいのです!
(✽ ゚д゚ ✽)


アメリカ産のマシュマロを焼くと、
まず外側がカリッとして、
中がとろっとじゅわーとなります!


この【外側の焦げ目】が肝心なんです!!!


焦げ目のうまい付け方については
また後述しますね(*^^*)


ひとまず、今回は


そのまま食べるなら日本産
焼いて食べるならアメリカ産


というのを覚えておいてください\(^o^)/



アメリカ産のマシュマロでおすすめなのは
『ロッキーマウンテンマシュマロ』です♪


輸入雑貨店のPLAZAや、カルディ、コストコなどにも売ってます♪



というか、現在アメリカ産のマシュマロで日本に輸入されているのは、
このロッキーマウンテンしかないんですけどね♪


アメリカ国内では
「キャンプファイアマシュマロ」というブランド名で売られています♪


あ、ちなみに、
フィリピン産の安いマシュマロもたまにスーパーで売っているのを見ますが、
ここだけの話、パサパサしてて美味しくないので、あまりオススメできません^^;


安さを求めるのであれば十分ではありますが☆彡



美味しいマシュマロの焼き方については
また後日♪



マシュマイ♪






ワルツな毎日☆オリーブオイルのちょっとした選び方①

前回、パスタの選び方について
少しばかり紹介させていただいたので、


今回は、それに関連して


オリーブオイルについて


ほんのすこーしだけ
ご紹介♪


オリーブオイルの種類♪


オリーブオイルには一般的に


「バージンオリーブオイル」
「ピュアオリーブオイル」


と分類されることが多いです。
(より細かく分類すると、実はもっとたくさんの種類が有るのですが、今回は割愛します☆)


その差は何かを一言で言うと、


【製法の違い】です♪


すっごく簡単に言うと
「バージンオリーブオイル」といわれるものは、
《収穫したオリーブの実を絞ってそのままオイルにしたもの》


「ピュアオリーブオイル」といわれるものは、
《精製したしたオリーブオイルにバージンオイルをブレンドしたもの》


です☆


バージンオリーブオイルのほうが
オリーブの実の香りや味わいをそのまま味わえる分、
鮮度の劣化が早くなってしまいます。


その分、バージンオイルのほうが高級ですね☆


ちなみに、イタリア国内では、
オリーブオイルとは「ピュアオリーブオイル」のことを指すそうです♪
日本よりも普段使いが多いので、
安価な方を選ぶことが多いのでしょうね(*^^*)



と、本日はここまで♪


次回は、バージンとピュアの使い方の差をご紹介します☆


マシュマイ♪